55087! or 55656!

まるばコンティーゴのとっちらかったレポート (時々お知らせ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まるばななケーキ・はっふーん

この夏、作りに作りまくったケーキのレシピです。
毎回バナナの大きさとか熟れっぷりが
違うので粉の量などはだいたいの目安にしてください。
卵・油・砂糖・牛乳いっさい要りません。

01材料

用意するのはこれだけ

バナナ(よく熟したもの)
4ー5本
小麦粉
シナモンパウダー
カルダモンパウダー
ベーキングパウダー







02つぶす

スプーンや、できれば
ポテトマッシャーで
バナナをつぶします












03つぶした

ひたすらつぶして、
トロトロにします













04とろとろ

バナナの水分だけで、このくらいゆるいピューレ状になります。ここまで3分もかかりません。
ピューレになったところで追加して「荒つぶし」バナナを残すのも、焼き上がった時にトロッとした部分がちょこちょこできてまた良し、です。









05スパイス
塩        小さじ半分
カルダモンパウダー小さじ2
シナモンパウダー 小さじ2
さらにぐりぐり混ぜます

きなこやゴマを入れたり、
お好きなものでどうぞ。








06まぜおわり

レーズンがあったので、
この時点で混ぜておきました。
今回は80gありました。
くるみ入りはおすすめです!











07粉

ここにザルでふるっておいた粉とベーキングパウダーを一気に入れます。今回は薄力粉300g+きび粉80gで作りました。バナナの大きさや熟れっぷりで粉の量は調節してください。もちろん薄力粉100%でもいいし、そば粉とか、そのときの配合でいろいろ違ったものを作っています。






08粉混ぜ
ヘラやしゃもじで切るように手早く混ぜていきます。けっこうモッタリした重い生地になります。多少「粉な部分」が残っても、「ドイツ風な仕上がり」と言ってしまってます。
(ライ麦など打ち粉が残ってる感じ?ww)







09型入れ
型にクッキングペーパーを敷いて生地をボトーンと入れます。中央をヘラで凹ませてね。写真ではわかりにくいんだけど、まわりの高さの半分くらいは凹ませています。180℃のオーブン中段で30分くらい、を目安に。今うちのオーブンは故障してるんで、無水鍋使ってます。弱火にして1時間くらい。竹串を刺してチェック!






10焼きあがり
焼き上がり~
アツアツのうちの
つまみぐいも、うまうまです。
さめてから、スライスしてトーストにするのもおいしい。
そばかすがいっぱい出たバナナを使えば、お砂糖なしでも十分甘くっておいしくできますよ。

スポンサーサイト

PageTop

太陽の国

sonbrelo de la miamore
一年前の秋、友達が「メキシコへ連れていく」帽子をオーダーしてくれました。
このあいだ一時帰国した際、ブリムがやわらかくて落ちてきたということで、芯地を貼り替えるために糸をほどいて解体したのですが表側の生地の色と内側に入っている「縫いしろ」部分がくっきり違うのにびっくりしました。
さすがメキシコ、お日さまが強いんだなー。
そして帽子いっぱいかぶっててくれたんだなー。

前側が垂れてくるので、刺し子加工で補強にチャレンジしたそうで、
手縫いのステッチの跡も(日に当たらないから)ついてて、
すっごくかわいがってくれてるんだなーと
グッときてしまいました。
一瞬キャンディーズの「たたみの色がそこだけ若いわ~♪」が
浮かんでしまいました(笑)

今年のカスタムオーダーは、それぞれの思い入れがあって
作る方もテンションが上がってます。
 
【つづきはまた今度】

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。