55087! or 55656!

まるばコンティーゴのとっちらかったレポート (時々お知らせ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小魚とくるみの佃煮(風)

先日、イベントスタッフのまかないをお手伝いした時に持参し、
なかなか好評だった一品を。炊きたてごはんが100倍おいしくなります(笑)

もともと「小女子くるみ」が大大大好きで、よくスーパーで買って食べていたのですが
もっと簡単に、そしてお味を少々薄めにできないものかと
「食べる小魚」とか「食べる煮干」で作り始めた物です。
炊き上げるというより、煎ってからめる調理方法なので
サクサクした食感も楽しめます。

【材料】だいたいの目安にしてください

小魚  1パック(たまたま私が買うのが50gなんですけど)
くるみ   30g

黒砂糖  大さじ2
日本酒  大さじ2
醤油   大さじ2
 
好みで 千切り生姜、白ごま、干しエビ、かつおぶしなど

1/フライパンでくるみを乾煎りし、皿に冷ましておく
2

2/小魚も乾煎りして、くるみと一緒に冷ましておく
 (その他の乾物系も煎っておくとサクサク&香りがいいです)
8

 
3/さっとフライパンを洗い、黒砂糖、日本酒、醤油を入れて
  強火にかけ、ゆすりながら黒砂糖を溶かす
  (生姜を入れるならここで一緒に火にかける)
4

4/おおきな泡がワワワーッと立ってきたら、火を弱めて少し煮詰める
5

5/泡が細かくなってちょっととろみがついてきたら、
6

  火を止めてくるみと小魚を戻し、箸でたれをからめる。
  (ゴマなど乾物をプラスするときも、このタイミングで)
7

  この時、ザッザッと手早く返していくとたれが少ないような気がしても
  けっこうまんべんなく全体にからみます。もし、たれを煮詰めすぎたときは
  日本酒をふりかけてゆるめてください。
9

6/バットかおさらにクッキングシートを敷いて、その上に広げて冷まします。
10

*たれをからめるときには火を消してください。パリっと仕上がります。

冷めてからタッパーやびんに詰めて冷蔵庫で保存。
いつもあっという間になくなっちゃうんですけどね^^

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これね、だしを取ったあとの昆布を刻んで
生姜と一緒にちょっと煮詰めてから
くるみと小魚をからめたんですけど

むっちゃ うまい

良く噛んでさらにしみじみうまい(笑)

まるば | URL | 2010年01月19日(Tue)20:35 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。